MENU

一人暮らしの料理や食事がめんどくさい!自炊を簡単にこなす方法まとめ

一人暮らしの食事の用意は、慣れないとなかなか大変ですよね。

特に料理が苦手な方にとっては、面倒くさいと感じてしまうのではないでしょうか。外食ばかりになってしまう方も多いでしょう。

今回は一人暮らしの方向けに、簡単にできる自炊の方法を紹介します。

目次

一人暮らしの自炊は面倒くさい?

まずは、「一人暮らしの自炊が面倒くさい!」と感じている方の意見を聞いてみましょう。

具体的に何が面倒なのか、何が大変なのか。実際に一人暮らしをしている方は共感できると思いますし、これから一人暮らしを始める方は、貴重な意見になるでしょう。

準備が大変で面倒くさい

一人暮らしの自炊は、料理を作るだけでなく、献立を考えたり買い物に行ったりという事前準備も行わなければいけません。こちらの方は、その前段階の工程が一番面倒くさいと感じています。

食べたいものが思いついた時、すでに家に材料や調味料が揃っている。という理想的な状況は、一人暮らしにおいてはなかなかありません。

また料理が得意でないと、献立も限られてきます。自分のできる料理の中で献立を選択し、その材料を集めに行くという工程は意外と面倒くさいのです。

買い置きがしにくいため面倒くさい

買い物が面倒くさいなら、材料を買い置きしてストックしておけばいいだろうと思うかもしれません。確かにその手段も有効で、おすすめの方法ではあります。

しかし、以下の投稿をご覧ください。

一人暮らし用の冷蔵庫では、容量がそこまで多くないのです。

また一人暮らしだと、せっかく買ったものの材料を余らせてしまった、ということが頻繁に起こります。急な用事が入って、自炊出来なかったり、買い置きしていたのを忘れていて外食してしまったりというケースもあるでしょう。

このように、一人暮らしだと大量の買い置きがしにくいため、買い物のペースが増えてしまい、面倒くさいという感情につながってしまうのです。

料理が苦手だから面倒くさい

そして何より、自炊が面倒くさいと感じてしまう原因はこちらではないでしょうか。

料理の経験が無かったり、苦手だと感じていたりするために面倒くさいと感じてしまい、自炊をしないという方です。

おそらく自炊を苦だと思わない方は、料理をするのが好きな方や得意な方が多いと思われます。一人暮らしをする前にも、実家で料理経験があるという方もいるでしょう。

ある程度料理をすることに慣れないと、一人暮らしでいきなり自炊をしようという気持ちにはなれないかもしれません。

洗い物が面倒くさい

頑張って料理をしても、それで終わりではありません。食べ後は洗い物などの後片付けをしなければいけません。

このように洗い物の存在は、さらに自炊がしたくなくなる原因のひとつです。洗い物をためこんでしまい、キッチンのスペースがなくなってしまうというケースもありますね。

朝は時間がない

一人暮らしの食事は、3食すべて用意しなければならないという点も、面倒くさいと感じてしまいますよね。

特に、最も時間が無い朝。朝食を食べないという方も多いのではないでしょうか。

この方は実家にいた頃は食べていたのに、一人暮らしになって朝食を食べないのが恒常化してしまい、1日2食が当たり前になってしまったようです。

「10分早く起きるだけ」という意見の方もいると思いますが、ギリギリまで寝ていたいという方もいるでしょう。他の家事をやらなければいけない場合もあり、朝の時間はあっという間に過ぎてしまいますよね。

また一人暮らしの家だと、朝すぐに食べられるようなものがない、買っていないという方もいるのではないでしょうか。一食分でも用意が面倒くさいのに、毎日の朝食を考えるのはさらに大変です。

お弁当を作る時間はもっとない

朝は時間がなく、朝食も食べられないというケースを紹介しました。朝食だけでも大変ですが、お弁当を作るとなるともっと大変です。

このように、昼食代を節約するために、お弁当を作って職場や学校に持っていきたいという方もいるでしょう。

しかし、ただでさえ忙しい朝に、お昼のことまで考えるのはなかなか難しいですよね。また献立を考えたり、食材を揃えたりしなければなりません。

そうなると職場でのランチの際、自然と外食やコンビニ弁当、食堂等での食事が多くなってしまうのではないでしょうか。

自炊を楽にするポイント

「自炊が面倒くさい!」と感じているかたの意見を紹介しました。

それらをまとめると、自炊を楽にするめには以下のポイントが重要ということになります。

  • 献立を考える時間が省ける
  • たくさんの食材を必要としない
  • 長持ちする
  • 調理が簡単
  • 洗い物の量が少ない
  • 時間がなくても大丈夫

このポイントをふまえた上で、一人暮らしの自炊が楽になる方法を、朝食・昼食・夕食別にそれぞれ紹介していきます。

一人暮らしの朝食が楽になる方法

朝食は、勉強や仕事をするためには欠かせません。朝食を食べないと脳みそが働かないので、頭がボーっとしてしまいます。

1日の始まりですから、朝食はしっかり食べておきたいものです。

グラノーラ

一人暮らしのおすすめの朝食で、多かった意見がグラノーラです。

グラノーラを袋で購入してさえいれば、しばらくは朝食のメニューを考える必要はないですし、すぐに食べることができます。味の種類もたくさん販売されています。近くのコンビニやスーパーで買えるのもありがたい点です。

グラノーラには豊富な食物繊維や鉄分が含まれており、栄養もあります。そのままでも食べられますが、牛乳をかけて食べた方がその分カルシウムなどを摂取できます。牛乳とセットで常備しておくことをおすすめします。

コーンフレーク

コーンフレークも、グラノーラ同様のメリットがあげられますね。

コーンフレークにも様々な種類の味がありますから、こちらの方のように、グラノーラが飽きたらコーンフレーク、コーンフレークが飽きたらグラノーラというローテーションでしのぐことができます。

そのくらい、グラノーラやコーンフレークは、一人暮らしの強い味方なのです。

食パン

食パンは安さといい美味しいといい、朝食としては安定の存在ですよね。トーストにしてマーガリンを塗ったり、ジャムを塗ったり手軽に食べることができます。

しかし、食パンの長所はそれだけではありません。色々アレンジしやすいという点があります。いつもの食べ方で飽きてしまても、簡単アレンジによって、食パンをさらに美味しく食べることができるのです。

SNSで見つけた、食パンアレンジをいくつか紹介します。

食パンアレンジ①:バター×マヨネーズ×卵

バターとマヨネーズ、そして卵というコラボは合うこと間違いなしですね。こんがりと香ばしいトーストに、バター・マヨネーズの風味。とろりと口に入る卵。最高の組み合わせでしょう。

食パンアレンジ②:ポテトサラダ×チーズ

実際にポテサラサンドという商品があると思いますが、そんなサンドイッチを安く、簡単に作れてしまいます。トーストにしても、香ばしさが出て良いでしょう。投稿されている方のように、コンビニでは丁度いい量のお惣菜がたくさんありますから、お好みのものでアレンジが可能です。

食パンアレンジ③:カレー×チーズ

何にでも合う食パンは、カレーとも相性抜群です。前日余ったカレーを食パンにのせて焼くだけです。その際にチーズをのせたらより美味しくなります。手軽なのに、朝から満足度の高い朝食を食べることができます。

納豆ご飯

納豆さえ冷蔵庫にストックしておけば、簡単に朝食になり、栄養もあります。安いのもありがたい点です。

こちらの方は一人暮らしを始めてから、ほとんどの朝食が納豆ご飯ということです。そのくらい楽で、美味しいから、毎日食べても飽きないということでしょう。

卵かけご飯

こちらの方のように、納豆ご飯と並び一人暮らしの朝食を支えてくれる存在が、卵かけご飯です。

卵は他の料理でも使えるので、パックで買っておけば何かと便利です。

卵かけご飯も、ご飯さえあれば簡単に食べられるので、おすすめの朝食です。

ご飯を小分けにして冷凍しておく

納豆ご飯も卵かけご飯も、簡単に食べられる朝食ですが、どちらもご飯を用意しなければいけません。

前日に炊いておいたり、パックのご飯を買っておいたりする方法がありますが、それ以上におすすめの方法があります。

炊いたご飯の余った分を、冷凍保存していおくという方法です。

小分けにして冷凍しておけば、ご飯を炊いたはいいものの、食べきれなくてだめにしてしまったということを防げます。

また、2日目以降のご飯が美味しくなくなってしまったという経験はないでしょうか。炊いてすぐのご飯を冷凍保存すれば、その状態の美味しさのまま保存することができるので、炊き立てを維持できるのです。

一人暮らしはご飯の用意さえも面倒くさいと感じてしまうことがあるため、その点はデメリットですが、このような工夫で乗り切ることができます。もちろん朝食だけでなく、お弁当でも夕食でも使える方法です。

一人暮らしの昼食が楽になる方法

一人暮らしの昼食は、外食やコンビニ弁当、食堂等での食事が多くなってしまうのではないでしょうか。

自分でお弁当を作った方が安くすむとは思っていても、朝は時間がなかったり面倒くさかったりして、諦めてしまうという方もいるでしょう。

もちろん外食したり、食堂で食べたり同僚とのランチを楽しむのも良いですよね。ですが、それが毎日となると食費がかかってしまいます。

お昼のお弁当を楽に作る方法を、参考にしてみてください。

前日の残り物でお弁当

こちらの方は、前日の夕食の残り物を詰めるだけで、簡単にお弁当を作っているようです。残り物であれば、当日わざわざおかずを作る必要がないため、かなり楽になりますよね。

気分によって冷凍食品を入れてみたり、余裕があったら卵焼きを作ってみたりするのも良いかもしれません。

新たに食材を買わなくてすむので、費用も抑えられ節約にもつながります。

前日に使ったおかずは、お弁当のために少し残しておきましょう。

自然解凍の冷凍食品を使ってお弁当

お弁当で便利なものと言ったら、冷凍食品を思い浮かべる方が多いと思います。しかし、より便利な冷凍食品があります。こちらの投稿をご覧ください。

冷凍食品のさらに便利ものは、電子レンジでの解凍がいらない、自然解凍の冷凍食品です。

普通の冷凍食品はお弁当を作る際、電子レンジで解凍してから詰めます。これでも十分に時短になり楽なのですが、自然解凍の冷凍食品はそれが不要で、お弁当に詰めておくだけです。お昼頃には自然に解凍されているので、問題なく美味しくいただけます。

種類も豊富にありますし、冷凍食品なので長持ちもします。いくつか買い置きして、冷凍庫に常備しておくことをおすすめします。

前日のうちにお弁当を作っておく

朝は忙しくて時間がないですよね。忙しい中朝食を食べて、出勤準備をして、お弁当も作るのはなかなか難しいかもしれません。特に一人暮らしに慣れないうちは、苦痛になってしまうでしょう。

そんな時は、前日の夜に作っておくことをおすすめします。

実際にこのような方がいました。やはり朝に作るは面倒くさく、前日の夜に作ってしまうとのことです。

作ったおかずは、その段階で弁当箱に入れてしまうそうです。確かに、詰める作業も省けるのでより楽になりますね。その状態で冷蔵庫に入れておけば、あとは取り出して持っていくだけです。

レンジで炊ける弁当箱を使う

お弁当作りが楽になるポイントを3つ紹介しましたが、どれもおかずについてがメインでした。お弁当のおかずは夕食の残り物を用いたり、自然解凍の冷凍食品を使ったり、前日に準備をするという方法でかなり楽になると思われます。

しかし、お弁当にはご飯が必要ですよね。「お米を炊くのが面倒くさいんだよ…」と思っている方も多いと思います。そんな方に朗報です。

このように、電子レンジだけでお米が炊けてしまう弁当箱が存在するのです。

投稿者が載せているものは、サーモスの『ごはんが炊ける弁当箱』です。お米と水を入れた容器を電子レンジで8分温め、その後30分ほど保温容器に入れれば完成です。

そのため、朝行う必要のある工程は、容器にお米を入れるだけ。時短になるだけでなく、職場や出先でもほかほかの炊き立てご飯が食べられるという画期的な弁当箱です。

一人暮らしの夕食が楽になる方法

朝食、昼食と続いて最後は夕食です。夕食は一日の中では、質にこだわったり量が多かったり、最も満足度が重要になる食事ですよね。

なるべく満足度の高さは残しつつ、手軽になるような自炊方法を紹介します。

主食になることが多いご飯については、朝食の項目で紹介した、「ご飯を小分けに冷凍保存しておく」という方法が有効です。また昼食の項目で紹介した「ご飯が炊ける弁当箱」も、お弁当だけに限らず、お家での食事にも活用できます。両者ともに、夕食でも参考にしてみてください。

作り置きをする

一人暮らしの自炊において、最も有効なのは作り置きではないでしょうか。休みの日などに、数日分のおかずを作ってしまうというやり方です。

料理をするその日だけは決心が必要になりますが、献立を考えるのも、食材を買うのもその日だけです。もちろん費用がかかるのもその日だけ。その後しばらくは、かなり楽をすることができます。

実際に作り置きをしている方はたくさんいるようです。

冷凍ご飯に作り置きしたおかず。これこそ一人暮らしの食事ですね。この方のように、作った料理をタッパーなどの保存容器に入れておけば、あとは電子レンジで温めるだけです。食べた後も、洗い物はその保存容器だけになります。

カット野菜を使う

「食材を切るのが面倒くさい」「包丁やまな板などの洗い物を増やしたくない」「野菜を買っても余らせてしまう」。このように思っている方は、カット野菜ですべてを解決することができます。

キャベツや白菜などの単品のもの、複数の野菜がミックスになっているものがあります。

大体一食分が100円~200円なので、お財布にも優しいです。一人暮らしの方にとっては作る料理にもよりますが、食材を単体で購入するよりも、カット野菜の方が安くすむという可能性も高いです。

こちらの方もカット野菜を使っています。おそらく、お肉がのっている下のサラダが、カット野菜でしょう。野菜の種類が豊富で、彩りもありますね。

レトルト食品・インスタント食品を常備する

自炊とは言えませんが、一人暮らしの最強アイテムは、レトルト食品やインスタント食品でしょう。

カレーやパスタソース、親子丼、ラーメン、味噌汁など様々な種類のものが販売されています。

基本的に電子レンジで温めるだけ、お湯を注ぐだけなので、手間はかかりません。保存期間も長いので、家に常備しておき、無くなってきたら買い足すのが良いでしょう。それだけで、かなり楽ができます。

その中でも特におすすめなのが、インスタントの味噌汁です。

一人暮らし用の家では、1口コンロである場合が多く、複数の料理を作るのがなかなか難しいです。そのため、おかずは1品や2品となることが多く、味噌汁まで自分で作るのは、しにくい傾向があります。

そのためインスタントの味噌汁があれば、一気に食卓に並ぶメニューが増えるのです。

また味噌汁にはたくさんの栄養価が含まれています。お湯を注ぐだけなので、ぜひ食卓に追加してみてください。

便利グッズを使う

インスタントラーメン調理器

最近では、一人暮らしの強い味方になってくれるグッズがたくさんあります。まず1つ目は、インスタントラーメンを電子レンジだけで調理できてしまう容器です。100円ショップなどでも購入することができます。

この方が言うように、この容器さえあれば鍋を必要としません。また器に盛りつけなくていいため、洗い物もこれだけです。

パスタ調理器

こちらも、レンジのみで簡単に調理できてしまうグッズで、パスタの調理器です。

容器にパスタと水を入れ、電子レンジでチンするだけでいいのです。鍋がいりません。

他にも、100円ショップなどでは様々な便利グッズが並んでいるので、気になる方は料理コーナーをじっくりチェックしてみてください。

電子レンジ対応の圧力鍋

こちらの方が一人暮らしに必須だというものは、電子レンジの圧力鍋です。材料を入れるだけで料理ができてしまい、お米を炊くこともできる、万能な便利グッズです。

電子レンジで加熱するだけなので、火を使いません。火加減を気にしたり、過程を見守ったりする必要もないのです。料理が苦手な方にとっても助かるアイテムでしょう。

価格は商品によりますが、安い物だと2000円ほどで手に入れることができます。

ミールキットを購入する

ミールキットというものをご存知でしょうか。「食材を揃えるのが面倒くさい!でも美味しい料理を作ってみたい!」という一人暮らしの方におすすめです。

こちらの方の投稿をご覧ください。

料理名が書かれた袋に、食材が入っているのがお分かりいただけますでしょうか。ミールキットとは、その料理を作るための材料がすべて揃ったセットのことです。

例えば「焼き野菜のタンドリーチキン」という料理名のミールキットを購入すれば、食材と調味料がすべてセットになっているため、あとは手順に沿って料理をするだけです。しかも、食材はカットされているので、自分で切る必要もありません。

投稿にあるミールキットは無印良品が販売しているもので、1人前350円(税込)です。

料理の種類も豊富にあり、いつも作らない料理やちょっとおしゃれな料理を作りたいという方にもおすすめです。

まとめ

以上、今回は一人暮らしの方向けに、自炊が楽になる方法を紹介してきました。

一人暮らしは、食事の用意が面倒くさいと感じてしまうことが多いですよね。献立を考えたり、食材を揃えたり。料理が苦手な方にとっては、慣れないとなかなか大変です。忙しくて時間がないという方もいるでしょう。

そのため、自炊を楽にするポイントとしては

  • 献立を考える時間が省ける
  • たくさんの食材を必要としない
  • 長持ちする
  • 調理が簡単
  • 洗い物の量が少ない
  • 時間がなくても大丈夫

などが重要ということを説明しました。

具体的には、朝食の場合はグラノーラやコーンフレーク、食パンを使った簡単アレンジレシピ。納豆ご飯や卵かけご飯なども、簡単で美味しく食べられる朝食です。

昼食の場合は、いかに楽にお弁当を作れるかが大事です。前日の残り物を使ったり、前日から準備をしておいたりしましょう。自然解凍の冷凍食品などもおすすめです。

夕食は、やはり作り置きが一番効果的でしょう。それ以外だとカット野菜やレンジで使える圧力鍋などのグッズが便利でおすすめです。

少しでも一人暮らしの食事が簡単になるように、参考にしていただければと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる