s_株式会社セカンドブーム
代表
大塚拓也

株式会社セカンドブーム 代表

18歳で知人と共に人材派遣会社を設立。リーマンショックを機に東京へ上京。そこで出会った現㈱ツインプラネット 社長の矢嶋と出会い、創業メンバーとして参画。その後、2014年に㈱セカンドブーム設立。現在、美容業に特化した顧客管理アプリ『BEFORE AFTER®』を展開し、現在は約1100社が活用している。

現在の仕事についた経緯

いつも通っている美容室で、前回と同じで!とオーダーしたものの、イメージした髪型とは違った仕上がりに、、、このミスマッチをなくす方法はないかと考えたとき、思いついたのは写真だった。イメージ通りに仕上がった時の髪型写真を保存していく仕組みを作れば、その写真を基にカウンセリング/オーダーすることでミスマッチはなくなっていくのではないかと。この仕組みを開発する前、二つの調査を実施。一つは、理美容室の店舗数について。すると、コンビニの6倍にあたる30万店舗あるということが分かった。二つ目は、街角にて私と同じような経験「美容室にてイメージと違った仕上がりになったことはありますか?」とアンケートをしたところ、世の8割以上の方が同じ経験をしていた。こんなに多くの人が抱えている問題を解決し、一人でも多くの人が、理想を現実に出来る仕組みを作りたい、と思い起業致しました。

仕事へのこだわり

「夢に期限をつけてること。その期限から逆算し、今何をすべきかを考え、今すぐ行動」を続けています。人生は有限ですから、自分が思い描く夢の実現に向けて、まずは理想(夢)となるものを明確にする。例えるならカーナビのように目的地を決め、そこからルートを決める。そのルートにはいくつも障害があるが、ここをどうやって乗り切るか、乗り切った先に何が見えるのかをワクワクしながら一歩づつ着実に進み、人生という名のルートを今日も楽しんで過ごしています。

これから社会に出る若者へ

今起きている出来事をどう捉えるかで人生が劇的に変わってくると思います。「解釈」を大事にしてください。例えば、うまくいかなったことを、サイテーと思うのではなく、こんな試練を与えてくれた、サイコー!って思うだけで、道は開けると思います。命さえあればあとはかすり傷。トライ&エラーを繰り返すことで強くなれるし、楽しむこともできる。もし今日をなんとなく過ごしているとしたら10年後、めちゃくちゃ戻りたい今日になってしまいます。だからこそ今、何かしら行動すべきです。本屋に行って偉人の本を読んだり、周りで何かに一生懸命になっている人に会って話しを聞いたり、今出来ることは、無限なので行動がまず第一歩です。あと、もう一つ大事なことがあります。それは「夢」です。夢というと、こんな仕事に就きたい、と考える方がいるかもしれませんが、それは違います。本当に大切なのは、その仕事を通じて、何がしたいかです。