s_グリーンアップル歯科医院
理事長
森田俊介

医療法人社団耕陽会 グリーンアップル歯科医院 理事長

鶴見大学歯学部卒業後、鶴見大学歯学部第一口腔外科入局。その後都内某総合病医院口腔外科医長として勤務した後、2009年にグリーンアップル歯科医院を開院。

現在の仕事についた経緯

一番は、人から喜ばれる仕事をしたかったことです。自分で独立してできる仕事や医療に魅力を感じていたので、この職を目指しました。大学卒業後は口腔外科に所属しており手術も多かったですが、ずっと開業という目標があったので、5年勤務した後に開業に至りました。人に喜ばれる、「ありがとう」と感謝される、そして自分が経営者となり、好きな場所でどこでも事業ができる職業に就きたいと考えていました。
また、歯科は一般治療から口腔外科の手術まで技術を身に付けることができ、
審美歯科では美を追求した様々なメニューを幅広く提供することが出来るところも一つの魅力でした。

仕事へのこだわり

一番大事なのは人間性、人格という部分の強化であり、それがベースにあっての技術だと思いますので、教育としては『時間を守る』、『挨拶』、『整理整頓』は毎日伝えています。これは、日々の地道な積み重ねだと思うので今後も大切にしていきます。
歯科医師である以上、技術に関しては日進月歩なので日々学び続けていかなければなりません。ただそれ以上に『患者様を想う気持ち』、人格の向上に力を入れていきます。
また、清掃にも特に力を入れており、院内を綺麗にすることにより心の荒みも取り除いております。

これから社会に出る若者へ

日々目先だけの業務にとらわれてしまうと周りが見えなくなり、
自分を見失ってしまうことが多くあると思いますが、
将来の事や目的、目標を大きく設定して、
絶対成し遂げる!という想いを強く持って、目の前のことに一生懸命取り組んでください。
ひとつの枠に留まるのはもったいないです。
高い目標を持って共に頑張りましょう!