s_HOUSE ZOO株式会社
代表
田中宗樹

HOUSE-ZOO株式会社 代表

転勤族の家庭に生まれ、入学と卒業が異なる小中時代。
中学時代に父が他界し、母親の実家で田舎暮らししながら、地元(宮崎県)の大学に進学。
卒業後、建設会社に入社、現場監督と工事営業を5年ずつ携わりました。
その後、国会議員との縁を頂き、参議院議員公設秘書として7年勤務し、政策秘書も経験させて頂き、様々な業界とのお話しをさせて頂き自分の視野が広がったと思います。
親戚が営んでいる工務店の後継として転職。役員として在籍しながら、HOUSE-ZOO株式会社を設立。
今まで培ってきた、様々な業界との連携を図り、住環境整備で様々な社会問題を克服していく事業を営んで行こうと考えています。

現在の仕事についた経緯

とにかくたくさんの人と繋がるのが大好きです。
同窓会の幹事をはじめ交流会を主催したり、人を集めるのも大好きです。
物を大事に扱うことが好きです。すぐ捨てたり壊したりするのは勿体ないと感じます。
いろいろな分野の方の力を合わせること、同じ目標に向かって一丸となることの素晴らしさを味わい、日頃より思い考え、継続的に活動する大切さを様々な仕事を通して知りました。
そしてペットと暮らす家づくりを手掛ける中で、家族の一員であるペットが人に対して和ませてくれるだけでなく、心と体の元気を与えていること学び、幅広い方々にペットと共生する住環境づくりを提供していきたいと考え、HOUSE-ZOO株式会社を創業しました。
今まで日本では古い家は壊し新築がどんどん建ってきました。
HOUSE-ZOOでは、将来長く続く形を目指し、今あるものを大切に、空き家の活用やリノベーションに力を注いでいきます。

仕事へのこだわり

私たちHOUSE-ZOO株式会社では、オーナー様に新築型シェアハウス、住居併用シェアハウス、利活用型シェアハウスをご提案する仕事と、そのシェアハウスにご入居頂く方が快適な暮らしが出来るように企画する仕事を行っています。
私たちが扱うお家は、自分達のものではありません。大切なご自宅をお預かりしたり、オーナー様から管理を託されている家です。
オーナー様の立場に立って大事に扱い、今まで培った経験と実績のノウハウを最大限に活かして、より良い環境を作り上げる。
そこにどれだけ自分達の気持ちをのせられるか。当たり前のことを、丁寧にこなす。
オーナー様や所有者様、入居者様とのコミュニケーションを大事にする。
賃貸管理業としてではなく、サービス業として「人もペットも快適に。安心に暮らせる住環境作り」を提供していきます。
長く続く事業とは、未来に続く形で、社会貢献の一役を担うことが大切です。
人も家もみんなが笑顔で、楽しさが倍々に繋がる道をつくりたい!と考えています。

また、田舎暮らしの自分にとって、動物との生活は普通の事でした。
牛舎を犬や猫、鶏が走り回ったり、同じ空間にいることも普通の事でした。
首都圏で、動物と暮らすためには、敷金が上乗せされたり、家賃が高かったりとハードルが高くなります。
動物と快適に安心して暮らせるリーズナブルな環境を提供したく、先ずはペットと暮らすシェアハウスを展開して行きます。
今は、20代~40代の女性が大半を占めていますが、多世代が利用できる環境、また障がい者も利用できる環境へと発展させて行きたいと考えています。

動物と快適に安心して暮らせる住環境づくりの新たな第一歩として、たくさんの分野の力を合わせながら、また空き家の活用を含め「HOUSE-ZOO シェアハウス」から展開して行きたいと考えています。

これから社会に出る若者へ

幼少期は親の転勤に伴い全国を転々としてきたことで、すぐに仲間に入る術を身に着けました。
また、真っ直ぐに、正直に、生きることによって、様々な道が広がってくることも実感してきました。
仲間を大切に、人も大切に、家も大切に、環境も大切に。

また、いつでも新たな出発は可能です。
もちろん、一つの道を究めて行けるのは素晴らしいと思います。しかし、いつでも新しい分野を開拓していくことも可能です。
前向きな気持ちを持ち続けることで、あらゆる壁も乗り越えられると信じています。

限界って自分で決めているらしく、まだまだ伸びしろがあると自分も言われ続けてきました。
その言葉を信じ、自分に自信を持って頑張ってください!