s_株式会社ミュープランニング
代表
小吹雄一郎

株式会社ミュープランニング 代表

1998年に早稲田大学政治経済学部卒業後、金融機関や外食大手を経験する。そして2010年、サントリーグループの外食向けコンサルティング会社であるミュープランニングアンドオペレーターズに入社。日系外食チェーンの海外進出コンサルティングを数多く手がける。その後2014年11月、統括していた企画・プロデュース部門をサントリーからMBO(経営陣による買収)し、現在に至る。

現在の仕事についた経緯

幼少時代、父親の仕事の都合でアメリカのロサンゼルスに移住しました。当時英語を全く話せない状態で現地校に編入しましたが、5年間過ごす中で、日本人としての自分。アジア人の中の日本人。という意識を強く抱きました。また子供ながらに、父の、日本企業を背負って働く姿に憧れを持つようになりました。高校入学前に日本に帰国することとなった際は、色々な人種・価値観が混ざり合うアメリカに学生という立場ではなく、社会人としてもう一度戻り、世界に通用するビジネスマンを目指そうと決意しました。

仕事へのこだわり

「個を尊ぶ」という精神を大切にています。現在行っている業務の特性として、クリエイターの中にもシェフやプランナー、クラフトマン、インテリアデザイナーなど、様々な特性と個性を持った社員がいます。各々が連携し、クライアントのゴール達成のために成果を目指すことは当然です。そのためにもまずは、一人一人が誇れる「強み」としての技能や個性を持つことがクリエイターとして大切であると考えています。
仕事柄、国内外問わずたくさんのクリエイターの方と仕事をすることができます。その中で魅力的な人との出会いが多くありますが、自分がカッコイイな~と感じる大人は、共通して自分のやりたいこと・やるべきことに邁進しています。仕事にも遊びにも趣味にも全力で取り組む姿は素敵です。キラキラと輝いているのを見ると、自分もそうありたいとい強く思います。
これからは、東京をはじめとした世界の大都市(ニューヨーク・ロンドン・上海・シンガポール等)で通用する企業、クリエイター集団を目指していきます。

これから社会に出る若者へ

仕事をしていると、不安や葛藤、迷いといったマイナスの感情に押しつぶされることが多々あります。月並みな言葉ですが、そんな局面でも自分と自分を周りにいる応援団の存在を信じ抜いてください。私達には、1人1人生まれながらに備わった才能(GIFT)があります。ぜひ、その才能を見つけ出してこの世界で存分に発揮できるようにピカピカに磨き上げてください。