p_デューク更家
ウォーキングドクター
デューク更家

ファッションショーの演出およびプロデュース、モデルへのウォーキング指導を手がけた後、一般向けのウォーキングレッスンを始める。気功や運動生理学、武道、ヨガ、バレエ、ピラティス、呼吸法などの要素を取り入れた独自のエクササイズ「デュークズウォーク」を確立。美と健康、魅力的な女性になるための講座を企業研修やイベント等で展開。

わんぱくな幼少期

和歌山県で生まれ、家庭は貧乏でしたね。ただ母親のしつけはとてもしっかりしたもので、「お前は絶対偉くなるぞ」とずっと言い聞かせられて育ちました。小さいころはけんかっ早く、町中のガキ大将でした。石原裕次郎にあこがれており、将来の夢は俳優でした。中学を卒業して高校ではバスケットに熱中。大学に入ってからはひたすらバイトに明け暮れました。

Gパン屋で作った借金を返すために掛け持ちでいくつか仕事をしてたころ、メンズメーカーでデザイナーとしても働いていました。そのとき外注で依頼していたファッションショーを見た瞬間、直感が働き「自分でもできる!」と思いました。その後ファッションショーの演出家として独立、それがきっかけでウォーキングの世界に入ることとなりました。

ウォーキングの魅力を広めるために

ウォーキング教室を始めたころは苦しい時期が続きました。しかし、ある日こんなこともありました。電車賃もなく、2時間歩いて会場に行っていた時に、そこの責任者が自分の「歩き」に惚れ込んでくれ、前金でまとめてお金をくれたことがありました。嬉しくてお酒を飲んで、妻に焼き鳥のお土産を買って、帰りはタクシーで帰りました。行きは電車賃もない男が、帰りはタクシーでお土産まで持って帰る・・・。その時に「これならウォーキング一本でやっていける」と確信しました。

母への思い

愛する母が亡くなった時が私にとってのターニングポイントですね。借金も残りわずかになり、旅行でも連れて行こうと思った矢先の出来事でした。母に最期に言われた言葉は「たくや、頑張れよ。お母ちゃんも頑張るから」でした。なぜその言葉を残したのか、初めは意味がわからなかったのですが、それは「あの世にいってもずっと変わらず自分の事を応援してくれる」という意味だと後になって分かったんです。それに気付いた時から俄然、仕事に打ち込むことができました。

歩くことで、人に楽しみを伝えることが私の天命です。デュークズウォークをより多くの人に知ってもらい、「歩くのってこんなにも面白い」と喜んでもらいたいですね。そのために今後は国内問わず海外にも引き続き積極的に発信していきます。