上倉万菜メイン
モデル・タレント
上倉万奈

2006ミスユニバースセミファイナリスト、雑誌・広告・ファッション・ショー、モデルとして活躍する。一方、出会った人をhappyにする天性の明るさとトレードマークのはじける笑顔で、テレビ番組やTV-CM等でも活躍中。 都内を中心に女性DJとして活動、ダンスクラシック〜エレクトロなど幅の広い選曲に定評がある。出身の長野においてFM長野でラジオパーソナリティも務めるなどますます注目を集める。ダンス&ヴォーカルユニットZOOKに参加が決定し、長野JFLパルセイロの応援歌をリリース。

子供の頃はとにかく病弱で、二日に一回熱を出したりしていた時期もありました。母がピアノと琴の先生をしていたのでピアノは3歳くらいからずっとやっていました。将来の夢は、歌のおねえさんと医者と作家。本が好きだったので物語を書くのも好きでした。モデルの仕事は高校生の頃からちょっとずつ始めました。きっかけは友達の紹介だったのですが、子供の頃から身長は大きかったので自然な流れでした。大学時代は大学のミスコンにも出たり、ミスユニバースジャパンにも出場してセミファイナリストになりました。

上倉万菜サブ

自分の個性をしっかり持って自分らしく生きる

ミスユニバースには出場に向けてウォーキングのレッスンに始まり、立ち居振る舞いやスピーチのレッスンなどを受けました。“レディ”として歩き方一つとっても厳しく指導されました。食生活を含めて美容に対する知識もその時に身に付きました。自分の個性をしっかり持って自分らしく生きることのカッコ良さも学びましたね。

最近はDJの他にもラジオの仕事やMCといった話す仕事が多くなっています。ラジオの仕事は瞬発力というか、色々と知識がないと出来ないので以前よりはニュースや雑誌をよく見て情報収集をするようになりました。それに併せてではないのですが、大学にも入り直して今度はちゃんと勉強をしてみようと思っています。  基本的に落ち込んでも外に出さないようにしています。笑うとホルモンが出て気分が良くなれるので(笑)ラジオやブログでも幸せ探しをして、ハッピーなネタを話しているんですけれど、一日一回そういうことを考えたりしているだけで結構明るく生きられるなっていう感じです(笑)